気になる医学 TOPうつ病(鬱病)・ストレス TOPうつ病の治療 ≫ うつ病の投薬治療

うつ病の投薬治療

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

用語リンク powered by MeDic医学用語辞典

うつ病の状態に陥った時は、内の神経伝達物質(ノルエピネフリン、セロトニン)に何らかの異常が出ていると推定されている。薬物療法は、抗うつ薬のほか、必要に応じて睡眠導入剤、抗不安薬などを併用する。

一般的な抗うつ薬
抗うつ薬では、三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬というモノアミン再取り込み阻害薬が一般的である。これらの薬によって、情動、睡眠・覚醒リズム、視床下部ホルモンの調整機能に関与しているノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質の取り込みに変化を起こし、その機能を正常化させることができると言われている。
結果として、
1: 抗抑うつ:抑うつ気分の解消・気分高揚効果
2: 抗抑制:欲動の正常化、
3: 抗不安:不安・焦燥の除去
という効果が現れます。

薬は必要であってもそれだけで十分ではなく、万能とは言えない。また、大量に服薬する事は危険であり、希死念慮のある人には薬の管理してくれる人がそばにいることが望まれる。禁忌としては、緑内障心筋梗塞の回復期等が挙げられる。

薬の効果
薬を飲む人の気分・身体状況・薬に対する態度は、薬の効果を左右する。薬でなくても効くと思って飲んでいれば効くことがあるといわれる程である(プラシーボ効果)。
逆を言えば、医師や薬に対して不信感を持っていれば、薬の効果も半減してしまう。指示されたとおりに飲まず、結局効果も出てこないということもあるかもしれない。安心して信頼して飲むことが大切なのである。何か疑問なことなどがある場合は、きちんと医師に説明してもらい、納得してから服薬するようにしよう。

スポンサード リンク
うつ病治療の基本 / うつ病の人への対応 / うつ病の投薬治療 / 抗うつ薬の副作用 / 睡眠薬、抗不安薬について / うつ病への心理療法 /

==気になる医学=====
[健康医学]| 肥満・ダイエット方法視力回復・レーシックうつ病とストレス
[美容医学]| にきび・にきび跡永久脱毛・レーザー脱毛脂肪吸引・脂肪溶解注射スキンケア・美肌
[歯科医学]| 歯科インプラント

 Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved.